welcome to shintomi town

  • english
  • chinese
  • お問い合わせ
  • 新富町ってどこや
  • サイトマップ
農地の所有権移転・賃貸借権の設定

農地の所有権移転・賃貸借権の設定について

農地法第3条の許可申請

農地法第3条申請書はこちら
農地を耕作の目的で売買(所有権の移転)、貸借(利用権の設定)、贈与等をする時に必要な許可申請です。
農業委員会では、この許可申請を受け付け、定例総会において内容を審査し、許可・不許可の意思決定をします。
なお、次の場合は、許可が出来ません。
  • 小作地を耕作者及びその世帯員以外の者が取得しようとする場合。
  • 権利を取得しようとする者又は世帯員が、農作業に常時従事すると認められない場合。
  • 権利を取得しようとする者又は世帯員の取得後の合計農地面積が下限面積(50アール)を下まわる場合。
  • 小作地を転貸、質入れする場合。

手続きの流れ

農業委員会許可

手続1 農業委員会へ申請書を提出
  • 毎月17日までに申請書を提出してください。
  • 休日にかかる場合は翌日ですが、日程により変更になる場合があります。
  • 12月は年末になりますので日程変更が生じます。提出予定の方は農業委員会に確認してください。

⇒平成28年度農地法関連申請書締切日へ

手続2 農業委員会総会
  • 毎月28日が、定例総会日です。休日にかかる場合は翌日ですが、日程により変更になる場合があります。
  • 12月は年末になりますので日程変更が生じます。

⇒平成28年度定例総会日程へ

手続3 許可
手続4 許可書の交付

県知事許可

手続1 農業委員会へ申請書を提出
  • 毎月17日までに申請書を提出してください。
  • 休日にかかる場合は翌日ですが、日程により変更になる場合があります。
  • 12月は年末になりますので日程変更が生じます。提出予定の方は農業委員会に確認してください。

⇒平成28年度農地法関連申請書締切日へ

手続2 農業委員会総会
  • 毎月28日が、定例総会日です。休日にかかる場合は翌日ですが、日程により変更になる場合があります。
  • 12月は年末になりますので日程変更が生じます。

⇒平成28年度定例総会日程へ


手続3 県知事へ進達
手続4 県審議
手続5 農業委員会許可書受領
手続6 許可書の交付
農地を売りたい・貸したいと思われる地主さんへ近くの農業委員 又は 農業委員会事務局にご相談ください。

 

農地の転用について

農地の転用とは、農地を住宅等の建物敷地、駐車場、資材置場、山林などの用地にすることです。


農地法第4条の許可申請

農地法第4条申請書はこちら


農地の所有者自らが転用を行う場合

(例)自分の家を建てる。自分で植林する。等


農地法第5条の許可申請

農地法第5条申請書はこちら


他人名義の農地を買って又は借りて転用する。

(例)住宅地として買う。

親の農地に住宅を建てる。

  他人の農地を買って(借りて)資材置場などを造る。

転用許可の基準は、細部にわたり規制されています。

基本的には次のとおりです。

  • 申請目的実現の確実性があること。
  • 許可後、遅滞なく申請目的に供すると認められること。
  • 他の法令等による許認可等を要する場合、当該許認可の見込みがあること。
  • 必要な資金調達等に見込みがあること。
  • 計画面積が、申請目的実現のため必要最小限の面積であること。
  • 申請事業にかかる用排水について法令等による許認可の見込みがあり、農水産業又は公衆衛生等に及ぼす影響がないこと。
  • 申請事業から生じる被害のおそれがある場合、必要な防除措置がとられ、近傍農地の日照、通風、通作等に著しい影響を及ぼさないこと。
  • その他
転用手続きの流れ

転用手続


農地の無断転用には厳しい措置が講じられます。

県知事は、無断転用の工事を中止させ、もとの農地に戻させることが出来ます。

これに従わない場合は、懲役や罰金などの罰則が適用されることがあります。

  

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。