welcome to shintomi town

  • english
  • chinese
  • お問い合わせ
  • 新富町ってどこや
  • サイトマップ
都市建設課
2019年05月25日

迷い犬を保護しています(高鍋保健所)

迷い犬の保護情報
高鍋保健所にて迷い犬(1頭)を保護しています。

心当たりのある方は、高鍋保健所(TEL:0983-22-1330)または、新富町都市建設課(TEL:0983-33-6072)までご連絡をお願いします。

保護した日時:令和元年5月24日(金)1750分ころ

保護の場所:児湯郡新富町麓地区 新田学園付近


【犬の特徴】

種類:ミニチュア・シュナウザー

推定年齢:10歳0ヵ月

色:灰

模様:犬種特有

性別:メス

首輪の色:首輪なし

コメント:

新田学園グラウンドそばで保護しました。あまり目が見えていないようです。年齢は推定です。実年齢はもう少し上かもしれません。


犬写真
迷い犬について
迷い犬に関することは、都市建設課環境空家係(電話:0983-33-6072)、土曜日・日曜日及び夜間は都市建設課環境空家係(電話:0983-33-6072)に電話をかけていただくと新富町役場宿直室につながりますのでお電話ください。

保健所などで保護されている犬については、みやざきドッグ愛ランド(みやざき動物愛護情報ネットワーク)のホームページをご覧ください。

飼い主の方へ(お願い)
・町では、昨年度、18頭の迷い犬の保護連絡を受けています。
・飼い犬には必ず、登録時にお渡しした鑑札と、毎年度の狂犬病予防注射時にお渡しする狂犬病予防注射済票(平成31年度は黄色)を首輪などに付けてください。また、定期的に首輪や鎖などがゆるんでいないかを確認し、犬が逃げ出さないための事前対策をお願いします。
・犬がいなくなったときは、すぐに新富町役場都市建設課環境空家係(電話:0983-33-6072)、高鍋保健所(電話:0983-22-1330)へ連絡してください。
・下記の場合には届書の提出が必要となりますので、都市建設課環境空家係までお越しください。

 ①新しい犬を飼う場合 ②犬が死亡した場合 ③犬の飼い主・所有者が変わった場合
 ④犬とともに新富町に転入または新富町から転出する場合

課の業務内容

都市建設課は、建築都市計画グループ、道路・河川グループで構成され、生活を支える地域基盤づくりを推進する役割を担っており、(1)公営住宅の維持管理及び整備 (2)都市計画道路、公園・緑地、都市下水路などの維持管理及び都市計画事業の推進 (3)交通網の整備 (4)河川の整備等住環境の整備を主な業務としています。  

都市建設課作成ページ一覧

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。