welcome to shintomi town

  • english
  • chinese
  • お問い合わせ
  • 新富町ってどこや
  • サイトマップ
特定健診

特定セット健診のご案内

新富町では、国民健康保険と後期高齢者の方を対象にした特定セット健診を次の日程で行います。健診をお申し込みの方には健診前に、問診票等をお送りします。ご不明な点等ございましたら、ご連絡下さい。

健診対象者
40歳以上の国民健康保険の方、後期高齢者医療保険の方
セット健診内容
特定健康診査、すこやか高齢者健康診査、胃がん検診、大腸がん検診、前立腺がん検診、肝炎ウィルス検査
特定セット健診日程

 健診日

健診場所

健診日

健診場所

6月15日

保健相談センター

7月9日

新田公民館

6月21日

保健相談センター

7月10日

新田公民館

6月22日

追分分校

7月11日

上新田学習館

6月24日

六反田集会所

7月13日 

上新田学習館

6月26日

中村集会所

7月17日

新田公民館

6月27日

新田公民館

7月19日

新田公民館

6月29日

 保健相談センター

7月30日

保健相談センター

7月2日

 保健相談センター

8月2日

保健相談センター

 7月4日

 保健相談センター

8月9日

保健相談センター

7月5日

 保健相談センター

 9月26日

 保健相談センター

 7月6日

上新田学習館 

 9月30日

 保健相談センター

みつば健診、わかば健診

 

この文書を編集する みつば健診、わかば健診

 新富町では、独自の取り組みとして、30歳代新富町国民健康保険被保険者健康診査(通称「みつば健診」)、20歳代新富町国民健康保険被保険者健康診査(通称「わかば健診」)を行っています。
 これは、40歳から始まる特定健康診査(「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、生活習慣病の発症と重症化を予防するために、メタボリックシンドロームの概念を基本としておこなわれている健康診査)の前に、20歳代・30歳代のうちから健康・健診に関心を持ち、生活習慣病にならないような生活習慣の確立を行ってもらいたく、実施しています。
 自分では「健康だから健診は必要ない」と思っていても、気づかないうちに病気がじわじわと進行していることがあります。特に生活習慣病の多くは、具合が悪くなった時には病気も進行し、手遅れということも少なくありません。健診は、そんな自覚症状のない段階で早めに気付くことができるので、病気の予防につながります。 若いからと言って油断は禁物です。必ず健診を受診し、ご自分の健康・生活習慣を見直してみてください。


対象者

新富町国民健康保険加入の20歳~39歳の方

受付時間

午前7時30分から午前9時まで

健診料

無料(本来ならば約6,000円かかる料金を新富町が助成)

健診会場に持参するもの
  1. 保険証および資格を証明できるもの

2.健康診断受診票
 

健診を受ける際に注意すること
  • 健診を受ける前日の夜9時以降は水以外の飲食物を召し上がらないでください。
  • 健康診断受診票の記入漏れがないかご確認ください。

検診内容
診察 質問・理学的所見 医師が質問や視診など、全身の健康状態を診察します。
身長・体重・BMI 標準体重、肥満、やせの具合を調べます。
腹囲 内臓脂肪の蓄積具合を調べます。
血圧 血圧計で血管にかかる圧力を調べる検査です。
脂質の検査 中性脂肪
HDLコレステロール
LDLコレステロール
血液を採取し、血液中の脂肪の量を調べる検査です。
肝機能の検査 GOT
GPT
γ(ガンマ)-GTP
血液を採取し、肝臓の機能が正常に働いているかを調べる検査です。
代謝系の検査 尿糖
空腹時血糖
ヘモグロビンA1c
血液や尿を採取し、糖尿病の有無を調べる検査です。
腎機能の検査 尿たんぱく 尿を調べ、腎臓の機能が正常に働いているかを調べる検査です。
クレアチニン
尿酸
血液を採取し、腎臓の機能が正常に働いているかを調べる検査です(尿酸は40~74歳のみ)

 

特定セット健診日程

 健診日

健診場所

健診日

健診場所

6月15日

保健相談センター

7月9日

新田公民館

6月21日

保健相談センター

7月10日

新田公民館

6月22日

追分分校   

7月11日

上新田学習館

6月24日

六反田集会所

7月13日 

上新田学習館

6月26日

中村集会所

7月17日

新田公民館

6月27日

新田公民館

7月19日

新田公民館

6月29日

 保健相談センター

7月30日

保健相談センター

7月2日

 保健相談センター

8月2日

保健相談センター

 7月4日

 保健相談センター

8月9日

保健相談センター

 7月5日

 保健相談センター

 9月26日  保健相談センター
 7月6日

 上新田学習館

 9月30日  保健相談センター

特定健診とは?

特定健康診査は、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、生活習慣病の発症と重症化を予防するために、メタボリックシンドロームの概念を基本としておこなわれている健康診査です。
自分では「健康だから健診は必要ない」と思っていても、気づかないうちに病気がじわじわと進行していることがあります。特に生活習慣病の多くは、具合が悪くなった時には病気も進行し、手遅れということも少なくありません。健診は、そんな自覚症状のない段階で早めに気付くことができるので、病気の予防につながります。 必ず受診してください。


対象者

国民健康保険加入の40歳~74歳までの方
後期高齢者医療保険に加入の75歳以上の方
※75歳以上の方はすこやか高齢者健康診査として健診を実施します

受付時間

午前7時30分から午前9時まで

健診料

無料

健診会場に持参するもの
  1. 保険証および資格を証明できるもの
  2. 特定健康診査受診券(緑色)、もしくは すこやか高齢者健康診査受診券(桃色)
  3. 健康診断受診票

    ※健康診断受診票のご記入をお願いします。

健診を受ける際に注意すること
  • 健診を受ける前日の夜9時以降は水以外の飲食物を召し上がらないでください。
  • 健康診断受診票の記入漏れがないかご確認ください。

検診内容
診察 質問・理学的所見 医師が質問や視診など、全身の健康状態を診察します。
身長・体重・BMI 標準体重、肥満、やせの具合を調べます。
腹囲 内臓脂肪の蓄積具合を調べます。(40~74歳のみ)
血圧 血圧計で血管にかかる圧力を調べる検査です。
脂質の検査 中性脂肪
HDLコレステロール
LDLコレステロール
血液を採取し、血液中の脂肪の量を調べる検査です。
肝機能の検査 GOT
GPT
γ(ガンマ)-GTP
血液を採取し、肝臓の機能が正常に働いているかを調べる検査です。
代謝系の検査 尿糖
空腹時血糖
ヘモグロビンA1c
血液や尿を採取し、糖尿病の有無を調べる検査です。
腎機能の検査 尿たんぱく 尿を調べ、腎臓の機能が正常に働いているかを調べる検査です。
クレアチニン
尿酸
血液を採取し、腎臓の機能が正常に働いているかを調べる検査です(尿酸は40~74歳のみ)
貧血の検査 ※ヘマトクリット値
※血色素測定
※赤血球数
血液を採取し、貧血の有無を調べる検査です。
動脈硬化の検査 心電図 心臓の鼓動を調べ、心臓の機能に異常がないかどうか調べる検査です。
※眼底 瞳孔に光をあてて目の奥の血管の状態を調べる検査です。

※の項目は、医師の判断に基づき選択的に実施する項目です。

ご不明な点がございましたら、いきいき健康課までお問い合わせください。

第2期特定健康診査等実施計画

新富町では、第2期特定健康診査等実施計画を策定しました。
新富町国民健康保険第2期特定健康診査等実施計画 .pdf(2013年4月1日 13時12分 更新 3607KB)

  

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。