子宮がん検診

子宮頸がん検診

令和3年度検診対象者

20歳以上(平成14年4月1日以前に生まれた方)

料金

町の検診会場で受ける場合

 子宮頸部細胞診のみ:20~64歳 1,000円

 子宮頸部細胞診+HPV検査:20~64歳 2,000円

 65歳以上 無料(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

病院で受ける場合

 子宮頸部細胞診のみ:20~64歳 2,000円

 子宮頸部細胞診+HPV検査:20~64歳 3,000円

対象年齢に達してない方へ

対象年齢に達していない方でも、全額検診料を自己負担してくだされば、町の検診会場にて検診を受けることができます。ご希望の方は、お電話にてお申込みください。

 子宮頸がん検診料 4,510円

実施方法

問診と子宮頸部細胞診
 ※子宮頸部の細胞を綿棒などでこすりとり顕微鏡で調べるものです。
HPV検査(25歳から3歳毎の年齢の方対象:25・28・31・34…)

 ※こすりとった子宮頸部細胞が、がんの原因であるヒトパピローマウィルスに感染していないかどうかを調べるものです。

 

実施時期

町の検診会場で受ける場合

令和3年11月~令和4年1月

病院で受ける場合

令和3年6月1日から令和4年3月31日まで

 

申込方法

町の検診会場で受ける場合
4月に世帯ごとに「各種健(検)診総合申込書」を送付していますので、郵送または電話でお申し込みください。
病院で受ける場合

子宮頸がん検診受診券の受取りが必要です。

6月以降、身分を証明するものをお持ちになり≪いきいき健康課≫までお越しください。

 

(令和3年度個別病院)

・河野産科婦人科医院

・坂田病院

・はまだレディスクリニック

・細川レディスクリニック

・花ヶ島ウィメンズクリニック

・さがら病院宮崎

・古賀総合病院

・まつ婦人科クリニック

 



  

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。