総合政策課
2020年12月04日

テゲバジャーロ宮崎のホームスタジアムの愛称が決定しました!

 新富町では宮崎県初のJリーグ参入を確定させたテゲバジャーロ宮崎を運営する、株式会社エモテントがスタジアムを建設中です。

 このスタジアムは、完成後、町に株式会社エモテントから寄附され、公共施設となる予定ですが、令和元年7月18日に新富町と連携協定を締結したユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社がネーミングライツによって、その愛称を決定することとなっています。
 このたび、同社からの提案により以下のとおり愛称を決定いたしました。今後、当スタジアムの名称は「ユニリーバスタジアム新富」を使用して参ります。

 

ユニスタ


 日向灘の海や飛行機が飛ぶ空の「青」、町に広がる自然や町章をイメージする「緑」を基調 にしつつ、ユニリーバのブランドカラーの「青」をあわせたデザインとなっています。 略して「ユニスタ」と親しみをもっていただけると考えています。
 今後は新しいスタジアムにおいて、J3でのチームの闘いを町民・県民上げて応援していきたいと思います。
 ※記者発表pdfはこちら


課の業務内容

総合政策課は、企画政策係、まちづくり推進室で構成されています。各係の業務内容は下記のとおりです。
企画政策グループ
 第5次新富町長期総合計画に掲げる主要施策の実現に向けて、1.総合計画の実効性確保 2.政策立案・調整 3.男女共同参画 4.統計調査 5.市町村合併の研究などの役割を担っています。
まちづくり推進室
 「まちづくり事業(防衛省補助事業)」を活用して、地域活性化拠点施設の整備に向けた調査・検討を行っています。

総合政策課作成ページ一覧

『よくある質問Q&A』総合政策課へのお問い合わせ一覧

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。