welcome to shintomi town

  • english
  • chinese
  • お問い合わせ
  • 新富町ってどこや
  • サイトマップ
すこやか安心基金

小学校新一年生に「子ども医療費受給資格証」を送付します。

平成27年4月から子ども医療費の助成対象となる、小学校新一年生の世帯主の方に「子ども医療費受給資格証」(藤色)を3月下旬に郵送いたします。
 ●子ども医療費受給資格証では、1診療報酬明細書あたり自己負担額が500円となります。

また、子ども医療費受給資格証の有効期限が3月31日までとなっておりますので、子ども医療費助成対象者(小中学生)世帯の世帯主の方に、新しい受給資格証(藤色)を郵送します。
 ●手続きは不要です。
 ●「乳幼児医療費受給資格証」(水色)、「子ども医療費受給資格証」については、期限が
過ぎましたら、
  町民こども課に返納していただくか、破棄をお願いします。
 ●今回送付の「子ども医療費受給資格証」(藤色)は4月1日受診分からお使いください。

現在「乳幼児医療費受給資格証」をお使いの方(新一年生の方以外)は、引き続き「乳幼児医療費受給資格証」(水色)をお使いください。

乳幼児、子ども及び高校生等医療費助成

新富町に住所を有する乳幼児(未就学児)及び小学生・中学生・高校生等が、保険医療機関等を受診されたときの医療費の助成を行います。

対象者
  • 新富町に住所を有する高校生等(18歳に到達する最初の3月31日)までのお子さん
  • 通学のため、新富町外の学校の寮や下宿等に住民登録しているが、保護者が新富町に住所を有するお子さん

※ただし、お子さん本人が医療保険各法の被保険者、組合員または世帯主となった場合や婚姻した場合は対象となりません。


          

助成対象期間
  • 出生日(転入日)~18歳に達した最初の3月31日(転出日)まで

 

自己負担額

  1診療報酬明細書ごとに 

     
  • 乳幼児(未就学児): 350円

  • 小学生・中学生: 500円

  • 高校生等: 650円

 

  ※調剤薬局は自己負担ありません。  

  ※診療報酬明細書とは、1医療機関でひと月あたりに作成される診療記録のことです。

   入院・外来ごと、健康保険ごとに作成され、同一病院でも診療科ごとに作成される場合があります。

 

受給資格登録に必要なもの
  • 乳幼児、子ども及び高校生等医療費受給資格登録兼受給資格証交付申請書(町民こども課にあります。)
  • 印鑑(認印で可)
  • 健康保険証(対象児童のもの)

 

県内の病院で受診した場合

「乳幼児医療費受給資格証」・「子ども医療費受給資格証」・「高校生等医療費受給資格証」を保険医療機関等(保険調剤薬局を含みます。)の窓口に健康保険証と一緒に提示してください。

 

県外の病院で受診した場合

  お持ちの受給資格証は使用できません。
  いったん、医療費を支払っていただき、翌月以降、医療費助成申請書(病院(同一病院で複数の診療科を受

 診した場合は、診療科ごと)・調剤・月ごとに1枚ずつ必要)を町民こども課へ提出してください。
  助成申請の期限は、保険給付を受けた日の属する月の翌月から一年間です。

  その際、申請書に病院・薬局の証明がない場合は、診療点数の記載された領収書(レシート不可、領収印が

 あるもの)を添付してください。審査後、ご指定の保護者名義の口座へ振り込みをいたします。

 

手続きが必要なとき
  • 県内の病院で医療費の一部負担金を支払った場合
    県外の病院で受診した場合と同じ方法で申請してください。
  • 住所及び健康保険証に変更があった場合
    受給資格証変更交付申請を町民こども課で行ってください。(印鑑・対象児童の健康保険証必要)
  • 助成期間を終了した場合
    年齢到達や転出等、資格がなくなった場合は、すみやかに町民こども課へ受給資格証を返納してください。
  • 高額療養費に該当し、保険者(社保・国保・組合健保等)から払い戻しがあった場合は、すみやかにお知らせください。
適正受診にご協力をお願いします。

  病気の治療には、適正な時期に適正な治療を受けることが大切です。
  次の項目を参考に医療機関の適正受診にご協力ください。

  • できるだけ診療時間内に受診しましょう。急を要さない場合には、夜間や休日は避けるように心がけてください。
  • 何かあったらすぐに受診や相談のできる「かかりつけ医」や「かかりつけ歯科医」、「かかりつけ薬局」を持ちましょう。
  • ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、先発医薬品と同等の効能効果を持つ医薬品であり、費用が先発医薬品よりも安く済みます。医療費の負担軽減のため、ジェネリック医薬品の利用にご協力をお願いします。
  • 「お薬手帳」を活用しましょう。「お薬手帳」とは、ご自身が使っている薬に関する記録をつけておくための手帳です。自分の使っている薬や、薬によるアレルギー経験を正確に知り、医師や薬剤師に伝えることはとても大切なことです。病院や薬局に行く時には必ず持って行きましょう。
注意事項

  乳幼児、子ども及び高校生等医療費助成は、健康保険が効くものについてのみ該当します。
  予防接種、健康診断、入院中の食事代等については、保護者の方の負担となります。

多子世帯保育料助成事業

多子世帯の経済的な負担を軽減するため、保育所にかかる保育料及び幼稚園にかかる保育料並びに入園料を助成しています。

 

対象者

この助成の対象となるのは、下記の条件を満たす方です。

  1. 保護者及び助成対象児童が新富町内に住所を有している方。
  2. 大学(大学院を含む)、専門学校、高等学校、中学校、小学校、保育所及び幼稚園等に在学(園)する子を4人以上養育している保護者の4人目以降の児童。
助成金の額

この助成の保育料及び入園料は下記のとおりです。

  1. 保育所入所者の助成金の額は、新富町保育所規則別表に規定する保育料徴収基準額。
  2. 幼稚園入園者の助成金の額は、当該幼稚園の園則に定める入園料及び保育料とします。ただし、軽減措置のある入園料については軽減後の金額。
認定の申請

保育料等の助成の認定を受けようとする方は、「新富町多子世帯保育料等助成金認定申請書」に必要書類を添えて役場町民こども課へ提出してください。

基金全体計画書の公表について

駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法施行令第5条第4項の規定により、新田原飛行場関連再編関連特別事業に係る計画を公表します。

 

事業の名称

   新田原飛行場関連再編関連特別事業

   (福祉の増進及び医療の確保に関する事業:新富町すこやか安心基金事業)

事業の目的

   安心して子どもを産み育て、子育て費用の軽減を図り、若者の定住促進を図る等、すこやかに子育てので

  きる環境をつくるための基金を造成する。

事業の内容

   町内の中学生までの医療費助成及び、多子世帯の保育料及び入園料を無料化するための基金を造成する。

事業の始期及び終期

   再編交付金 : 平成20年3月から平成33年3月まで
   再編関連訓練移転等交付金 : 平成29年4月~

事業に要する経費の総額

  再編交付金 : 788,370,144円
  再編関連訓練移転等交付金 : 93,687,101円   

交付を受けた交付金の額

   再編交付金 : 785,534,000円

   再編関連訓練移転等交付金 : 93,676,000円
  

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。