welcome to shintomi town

  • english
  • chinese
  • お問い合わせ
  • 新富町ってどこや
  • サイトマップ
新富町職員ブログ
新富町職員ブログ
RSS 1.0

2018年8月8日 道路の補修

こんにちは、都市建設課の小松です。

今回は私が所属している都市建設課の道路河川グループで行っている

道路の補修について話したいと思います。

道路補修をする材料は、レミファルトという簡易舗装材です。

このレミファルトを、町道(町が管理している道路)に陥没などがある場合、陥没箇所に埋めて簡易的に補修をしています。
補修前                   補修後
 

上の写真が補修前と補修後の写真になります。

今回の補修箇所は大きめの陥没でこの陥没が原因で事故、怪我が起きる前に補修できたのでよかったと思います。

 最後に、町内には、道路が狭く危険なところ等がまだまだあります、そんな道路をこれからも、良くいていけるように頑張ります。


みなさま、こんにちは。福祉課の黒木です。

 

梅雨も明け本格的な夏がやってきました。

皆さん、夏バテはしていませんか?私は少し夏バテかも・・・

こまめに水分補給をし、熱中症には十分気をつけましょう!

 

さて、今回初めて『しんとみレガッタ』に挑戦することになりました。

私たちメンバーは、ほとんどが未経験者で
「レガッタってどうやってするの?」というところから始めているため、
ベテランの指導者に基礎から学びました。




川で練習するため、ボートを運ぶことに。

ボートはこんなにも重いのですね。

男性の方に手伝ってもらい、やっとボートを川に出すことができました。



実際に、川で漕いでみました。やはり難しいですね~

しかし、ボートが進んだ時は嬉しくなりました♪

この嬉しさが徐々に楽しさになるのだと思います。

大会に向けて、もっともっと練習がんばります!!

 

大会について

○日時  平成30年8月5日 

○時間  8時30分開始

○場所  富田浜漕艇場

 

皆さんもぜひ一度、見に来てください。

そして、来年出場してみてはいかがでしょうか。


こんにちは、農業振興課の勢井です。
今回は私が担当している鳥獣被害対策についてお話します。

 

まず、鳥獣被害を考える上で、被害とは何かについて考えてみましょう。


雪に弱い新幹線 → 高速運輸システム

ハエの多い台所 → 食糧加工システム

イノシシにやられ続ける田んぼ → 米生産システム

雪に弱い新幹線を改善しようとするとき、雪自体を降らなくさせるのは不可能です。
ハエの多い台所でハエをいくら駆除しても、
原因となる生ごみ等を処理しなければ、ハエはまた湧いてきます。
同じように、イノシシにやられ続ける田んぼを改善しようとしたとき、
イノシシを駆除することで田んぼを守ろうとしても、なかなか上手くいきません。

被害とは? ⇒ システムの欠陥の露呈

つまり、原因の雪、ハエ、イノシシではなく、
システムの新幹線、台所、田んぼの欠陥を改善していかなければなりません。

 

田んぼの場合

イノシシを呼び寄せ、増やす(餌付けする)田んぼのシステムに欠陥があります。

対策:餌付けをやめる。

 

では、次にどうやって餌付けをやめるのかを紹介します。

 

動物を餌付けする畑・田んぼ

・動物の隠れる場所がある。(雑草が生い茂っている)

・柵の外に作物が出ている、または捨てている。

・そもそも、柵をしていない。

 

動物を餌付けしない畑・田んぼ

・動物が隠れる場所がない。(周りの雑草が刈ってある)

・動物から作物が届かない位置(70~100cm)に柵を設置している。



写真は鳥獣被害0を達成した、鳥獣対策モデル地区の木城町駄留目地区の畑です。
柵の周りに雑草が少ないため見晴らしがよく、
動物が作物に届かない位置に柵が設置してあります。
見晴らしの良い場所を動物は怖いと感じ、
さらに柵によって食べ物を食べることもできないことを知ると、
動物は今後その場所に近づかなくなります。

また、冬に食糧がないと、動物は増えません。
10月に草刈りをすると、冬に春の草が生え動物の餌になってしまうので、
9月までに草刈りは済ませましょう。

最後に、行政の役目は自分で自分の田んぼ・畑を守れる農家や住民を育て、
個人ではできない対策を行っていくことです。
これから、新富町の鳥獣被害が少しでも減るように頑張っていくので、
ご協力よろしくお願いします。


2018年6月27日 はじめまして!

皆様こんにちは。
平成30年度新規採用職員の榎本と申します。

町民こども課に配属となり、もうすぐ3か月が経ちます。

まだまだ業務に慣れませんが、

周りの先輩方や窓口にいらっしゃる町民の方々から

日々、勉強させていただいているところです。

分からないことだらけの今の感覚を大切に、

町民の方に分かりやすい言葉でご案内ができるよう頑張ります。

皆様よろしくお願いいたします。

 

玄関入って左を向いたら、町民こども課です^^





先日は、朝、お花を持ってきてくださった方がいらっしゃいました♪



この方、よくご自宅の庭に咲いた季節のお花や、

果物の木の枝を朝一番に持って来てくださいます。

前回は私の花瓶のチョイスが不合格だったようで、今日は花瓶付きでした…!

いつもありがとうございます!

 

これから暑い暑い夏がやってきますが、

体調を崩さないように乗り切りましょう!


2018年6月13日 新富町の災害対応

こんにちは。防災基地対策課の村岡です。

今回のブログでは、新富町内の魚釣り事情についてお送りする予定したが、
予定を変更して「新富町の災害対応」についてお送りします。

このブログの締切日である6月12日(火)の夜明け前、
私はベッドから抜け出して着替えていました。
ブログに掲載する魚(チヌ)を釣るために
早起きして一ツ瀬川に出かけようとしていたのです。

その時!!

ブゥッブゥッ!ブゥッブゥッ!

久しぶりに聞くその音に心拍数が上がります。
スマートフォンに表示されたのは

【緊急地震速報】
震度4 およそ13秒後
宮崎県新富町
(最大震度4 震源地:大隅半島東方沖 4時54分20秒)

 

履きかけのズボンに素早く脚を通し、10秒後に迫った地震に備えます。

ドスン!! ギシギシギシギシ...

下から突き上げる揺れのあと、10秒ほどの横揺れ。
震度3かな...と考えつつ、着替えを済ませ車に乗り込みます。
出勤です。
私の所属する防災基地対策課職員は、
震度3以上の地震が発生した場合には役場へ出勤し、
情報収集することになっているのです。

 (2度目の地震の震度が表示されているため震度1です。)

午前5時5分に第一配備体制(情報収集)につき、
気象庁ホームページやNHKなどで地震の情報を集めます。
また、宮崎県災害対策支援情報システムで県へ情報収集体制に入ったことを報告します。


 

幸い、今回の地震では津波の発生は無く、町内においても被害の報告はありませんでした。
その後、余震等も無く、午前6時に第一配備体制(情報収集)解除となりました。


 

早朝の役場から見た、朝もやのかかる人通りの少ない町はどこか幻想的に見え、
役場で操法訓練を行う消防団の声が響いていました。

今回の地震による被害はありませんでしたが、
日向灘地震、南海トラフ巨大地震はいつ起きるかわかりません。
また、毎年のように台風・豪雨災害が全国各地で発生しており、
新富町でそのような災害が起きないとは言い切れません。

災害は忘れた頃にやってきます。
危機意識をもって、私たち防災基地対策課は業務に当たっていきます。

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。