welcome to shintomi town

  • english
  • chinese
  • お問い合わせ
  • 新富町ってどこや
  • サイトマップ
新富町職員ブログ
新富町職員ブログ
RSS 1.0

みなさんこんにちは、町民こども課の沼口です。

先日、11月12日に開催されました
「壮年ソフトボール大会」についてご紹介したいと思います。

新富町では例年、各種スポーツ大会やスポーツ教室が開催されていますが、
ソフトボール大会については、
5月に開催される「自治公民館ソフトボール大会」と
11月に開催される「壮年ソフトボール大会」があります。

今回の壮年ソフトボール大会は、「新富町体育協会」主催の元、
開催40回を数え、新富町の伝統あるスポーツ大会の一つとなっています。
平成21年度から平成23年度までは、参加チーム20数チーム、参加者350名を越えていましたが、ここ数年では参加十数チーム、参加者250名弱となっており減少傾向にあります。

私の出身地は上新田ですが、
現在の住まいがある平田地区の自治会に加入しており
今回は、平田地区代表として出場しました。
当日は、天候にも恵まれ最高の大会日和となりました。

 

壮年ソフトボール大会の参加条件は、
平成30年4月1日現在で40歳以上の男子となっており、
5月の自治公民館ソフトボール大会と比較すると、ご高齢の方が増えております。
※かく言う私も、数年前に40歳の大台を越えており、明らかに体力の衰えを感じております。笑

  

今回の大会は全体参加チーム15チームで、
富田浜広場、日置運動広場、新田運動広場の3会場に分かれて試合が行われました。

私たち平田地区は、日置運動広場にて新町地区、田中地区の2チームと試合を行いました。


 
1試合目は、みなさん、体がまだ温まっていなかったのか、動きも若干(?)鈍かったように感じました。
あるチームメンバーの方は、
「1塁から2塁に走るときに足が重く、途中で「竹の子」が生えているかのようにつまずいたわ!」
と話されていました。

しばらくすると体が暖まって調子が上がってきたのか、
地区のメンバーは軽快な動きで、ほぼ全員がヒットを打ち、
14得点を奪う猛攻を見せ、勝利することが出来ました。 

 

二試合目は、あと1勝するとパート優勝するということもあり、
ベンチの中にも少しばかりの緊張感が漂っていました。
試合は、1回に相手チームに1点を取られると、
次の回に平田チームが2点を取り返すというような一進一退の攻防戦となり、
和気あいあいとしたゲームのなかにも緊張感漂う試合となりました。



残念ながら、我が平田チームは4対2で敗れてしまいましたが、チームからは
「久しぶりに体を動かしてすっきりした。ただ、この年になると明日と明後日が怖い・・・」というような切ない声も。笑


 
私自身も久しぶりに地区の方とスポーツを通して
楽しい時間を過ごすことが出来ました。
もちろん、大会でいただいた飲み物を片手に、集会所にてしっかり反省会を行いました。笑

ぜひ、皆さんも、このようなスポーツイベントに参加して、
健康の増進と図るとともに、町民の方との楽しいふれあいの時を過ごしてみませんか?


皆さん、こんにちは。
今回のブログは、福祉課の森川が担当します。

朝晩の冷え込みが激しくなりましたね。
体調に十分気をつけてお過ごしください。
(ちなみに私は先々週高熱を出してしまいました。皆さん気を付けましょう!)

さて、今回は私もやっている「神楽」について、知識の範囲内で紹介させていただきます。
神話の里宮崎と呼ばれるだけあって、ここ新富町にもいくつか神楽があります。
私はその中の1つである「新田神楽」という神楽をしています。


 
新田神楽は毎年2月17日に大祭があり、
早朝から夕方まで一番から三十三番の神楽を全て奉納します。
聞いた話ですが、三十三番全てが現在でも残っている神楽は、
全国的に見ても珍しいそうですよ。

 
こちらは、新田神楽で使用される面です。
中には「安政」の文字が彫られているものもあり、
新田神楽が江戸の幕末より前から存在していたことがわかります。
歴史ある文化が新富に残っているなんて、なんだか嬉しくなりますね!

神楽はただ見るよりも、
舞が表現している背景を知っている方が楽しめると思いますので、
1つご紹介しますね。

 
これは、「戸開き(戸隠し)」という舞です。
新田神楽の目玉「綱切(蛇切)」の後の舞で見逃しがちですが、
ストーリー的には結構重要です。

あらすじは以下のとおり

天照大神(アマテラスオオミカミ)が
弟である須佐男尊(スサノウノミコト)の荒れっぷりにショックを受け
天岩戸の奥に引きこもってしまいました。
天照大神は太陽の神だったため、世界は真っ暗になってしまいました。
世界に光を取り戻すため、戸開きの明神は暗闇の中、
天岩戸を開くために立ち上がるのでした。

ざっくりですが、だいたいこんな感じです。

ここからが重要なのですが、この舞、
暗闇の中ということを表現するために、常に首を振り続けます。
そのため、全体的に激しいと言われている新田神楽の中でもかなり激しい舞になってます。
10分程度の舞ですが、きつい。かなりきつい。
みなさん、見る機会があったら
面の裏で必死に歯を食いしばっている舞手を温かく見守ってください。
そして、温かい拍手をよろしくお願いします。(笑)

神楽のような無形文化は、いつなくなってもおかしくないものです。
現代まで残っている貴重な文化や芸能に、
たまには触れてみるのもいいかもしれませんね。



2017年10月18日 よ~い、ドン!!

皆さん、こんにちは。
今回のブログは、町民こども課の今吉が担当します。

過ごしやすい季節となり、各地で運動会が行われました。
お弁当作りや場所取りで早起きされた保護者の方も多いのではないでしょうか。
今回のブログでは、10月14日(土)に行われた、
新田保育園の運動会の様子を紹介します。

この日の天気は残念ながら雨となり、西体育館で行われました。
それでも、先生方は朝早くから準備に取りかかり、素敵な会場となっていましたよ。


 
入場行進で、真剣な顔つきの年長さんから、先生に手を引かれて歩く1歳児、2歳児さん。
保護者の方のビデオカメラを持つ手にも力が入りますよね。
ダンスにかけっこ、組体操や団技、どのお子さんたちも一生懸命!!
中には、お母さんを見つけて泣き出しちゃう子もいましたが、
先生に抱っこされながら、手を引かれながら頑張っていました。

 
こちらは、ばななくん体操といって、りんご組の2歳児さんが元気に踊ってくれました。
少し遠いですが衣装もかわいいですよね。


 
こちらはいるか組・くじら組の子供たちによる、
ぼくたち、私たちの一年間を体を使って表現してくれました。
この最後の架け橋も息を合わせてばっちり決めてくれました。
さすがですね!!


 
祖父母の競技では、町長も参加されていました。
息ぴったりで、会場も盛り上がっていました!!


 
こちらのバルーンとても上手にできていますよね。
一度だけではなく、何度もこのきれいな形のバルーンを成功させていました。
みんなの息が合わないと、このようにきれいな形とはならないため
これまでの努力が感じられますよね。
たくさんの拍手をもらって、子どもたちも嬉しそうでした。

子どもたちの頑張りが発揮されたこの運動会!
先生方もこの日のために、たくさん準備されたと思います。
子どもたちの一生懸命な姿や、挑戦していく姿はとてもかっこよかったです。
頑張る姿に、じ~んとくるものがありました。
本当に素晴らし運動会だったと思います。

他の運動会でも、一生懸命に取り組むお子さんの姿に
成長を感じられた保護者の方も多かったのではないでしょうか。

来年も子どもたちの成長が楽しみですね。


2017年10月4日 一ツ瀬川花火大会2017

皆さま、こんにちは。
今回のブログは農業振興課の宮脇が担当します。

朝晩も涼しくなり、だんだん秋っぽくなってきました。
そろそろ、夏の思い出が恋しくなってきたころではないでしょうか?
そこで、今回は9月30日(土)に行われた
一ツ瀬川花火大会2017を紹介したいと思います。

花火と言えば夏の風物詩ですよね!!
あの花火の綺麗さといい、体を突き抜けるような音といい、考えただけでワクワクします。

一ツ瀬川花火大会は9月30日に開催されたこともあり、すごく涼しかったです。
個人的な意見ですが、真夏の暑い中見る花火よりも
涼しい夜風を感じながら見る花火も、いいものだなと感じました。
では、さっそく花火の写真を何枚かご紹介しようと思います!!




 

どうですか、皆さん!
すごく綺麗ですよね!!

実はこの写真、自分がネットで見つけて
あまりにも綺麗だったので、撮影者に連絡をとって
是非、職員ブログに使わせてほしいとお願いし、
許可をいただいて使わせてもらっている写真になります。
趣味で撮影をされている方で、一ツ瀬花火の為に
長崎県の佐世保市から来てくださったそうです。(ありがとうございます!)

自分も職員ブログのために、写真をとっていたのですが…
とても人に見せれるような写真ではないので、
そっと携帯の中にしまっておこうと思います!

一ツ瀬川花火大会は、写真のような綺麗な花火が目の前で見れる魅力的な花火大会です。
みなさんも来年、一ツ瀬川花火大会が開催されれば足を運んでみてはいかがでしょうか。


2017年9月20日 日南をドライブ♪

みなさんはじめまして。
町民こども課の太田です。

先日京都から友人が来たので宮崎を案内しました。
天気も良く景色もよかったのでその様子を書こうと思います。

観光案内をするのは初めてだったので、
どこに連れて行くのかとても迷いましが、まずは青島へ。
青島は、思っていたよりも広かったです。



鬼の洗濯岩もしっかり見てきました!
友人は、その名前に興味津々でした。

  

次に、鵜戸神宮に行ってきました。
ここも景色が素晴らしくていいところですよね。



高所恐怖症ではないのですが、足がすくみます! 
「転んだらどうしよう~」といいながら降りていきます。



 

お参りを済ませ、おみくじを引きました。なんと2人とも大吉が出ました。
何かいいことがあるといいです。

絶景スポット発見です。
海が透き通っていてきれいですね!

 

 

夜は、「宮崎に来たからには、地鶏の炭火焼きを食べんと!」と父が買ってきてくれました。
とても美味しかったです。

 

弾丸ツアーでしたが、地元の私も楽しめました!
美しい景色にとっても癒されました。
皆さんもドライブの際に訪れてみてはいかがでしょうか?

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。