welcome to shintomi town

  • english
  • chinese
  • お問い合わせ
  • 新富町ってどこや
  • サイトマップ
環境保全

廃食油の回収について

新富町では、平成21年度から家庭から排出される廃食油の回収を行っています

てんぷら油など食用油の使用後の油を廃食用油といいます。
これを生活排水として公共用水域に排出すると水質汚濁につながるので、水質浄化及び資源の再利用の面から、廃食用油を回収・再生し、飼料、塗料、石けん等の原料として有効利用することにしました。


使用済みの天ぷら油 500ミリリットルが河川などに流れ込んだとして、魚の住めるきれいな水に浄化するには、99トンの水が必要になります。これは浴槽(300リットル)の330杯分に相当します。以上のことから、新富町では、環境保護と資源の有効利用のために廃食油を回収して資源化しています。

平成26年度は年間3,800リットル(ドラム缶21本分)の回収量となりました。ありがとうございました。

今後も、環境保全やごみ減量のため、町民の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

・回収日
 毎週月、水、金曜日
・回収場所および出し方
 各ごみ収集所や集会所の「廃食油回収箱」の中へ、プラスチック製の油容器か、ペットボトル(フタがしっかり閉まるもの)に入れて下さい。 ※ビンは使用しないで下さい。
 

・回収できる油
 サラダ油、ごま油、大豆油、オリーブ油
・回収できない油
 動物性油全般 バター、ラード(豚油)、ヘッド(牛脂)等
 鉱物油 機械油や自動車用オイル全般

浄化槽について

新富町では、生活雑排水やし尿を合併処理浄化槽によってきれいする事業を推進しています。

合併処理浄化槽は家庭等に個別に設置され、台所や便所などから出る生活雑排水やし尿などを 微生物の働きにより処理する非常に優れた施設であり、私たちの水環境の保全に大きな役割を果たしています。

・生活雑排水とは

  1. 合併処理浄化槽は河川等に流れ出る汚濁量が6分の1から8分の1に減り、魚や昆虫などが住めるきれいな水質を確保することができます。
  2. 工事に要する期間が1週間から2週間以内と短い期間で設置することができます。
  3. 設置するスペースは自動車約1台分程度です。
  4. 地震などの災害にも強く、被害を受けても復旧が短期間ですみます。

◎一定の条件を満たしている合併処理浄化槽設置工事については、新富町から補助金が交付されます。
 なお、平成26年度から単独処理浄化槽(し尿のみを処理する浄化槽)から合併処理浄化槽へ転換する場合に、単独処理浄化槽の撤去費の一部(限度額90,000円)を補助します。

※専用住宅及び店舗兼住宅(居住部分が2分の1以上)に10人槽以下の合併処理浄化槽を設置する場合で、町税等の滞納がないこと。


専用住宅の場合の浄化槽人員算定基準

  • 130平方メートルまで:5人槽
  • 130平方メートルから:7人槽
  • 2世帯住宅及び大規模専用住宅:10人槽

浄化槽種別ごとの補助の限度額


 平成30年度 新富町浄化槽設置整備事業補助金について

 


 

補助金額

人槽区分

新設

単独処理浄化槽・汲み取り便槽からの転換

5人槽

270,000円

332,000円

7人槽

330,000円

414,000円

10人槽

420,000円

548,000円


※同時に既設の単独処理浄化槽を撤去する場合には、撤去費用の一部を補助します。
                            (ただし上限9万円)

 

※浄化槽の人員算定基準については、居住予定の人数によっても変わってきます。また、浄化槽の設置工事費についても、設置場所及び工事内容等により金額に違いが出てきますので、施工業者にお尋ねください。


合併処理浄化槽は自然環境にやさしく、優れた機能を持っている設備といえます。
ぜひ、補助金交付制度を活用していただき、合併処理浄化槽の設置をご検討ください。

  

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。