welcome to shintomi town

  • english
  • chinese
  • お問い合わせ
  • 新富町ってどこや
  • サイトマップ
新富町職員ブログ
新富町職員ブログ

みなさんこんにちは、生涯学習課の樋渡です。

今回は私が勤務する、総合交流センターきらり内の
資料館に展示している埴輪を紹介したいと思います。

きらりが開館して1年と4か月が経ちました。
おかげさまで、たくさんの方に施設を利用していただいています。
資料館は図書館と同じフロアにあります。

 

町内で発掘された考古資料を中心に、240点が展示されています。

 

そのなかでも一際存在感を放っているのが
国指定史跡「新田原古墳群」の百足塚古墳から出土した埴輪たちです。

 

今は立派に復元されていますが、発掘された当初はバラバラの状態でした。

 

 

宮崎県にはたくさんの古墳があります。
古墳というと埴輪があって当たり前と思われがちですが、
県内に2000以上はあるといわれる古墳のなかで
埴輪をもっているのは50基ほどしかありません。
写真は円筒埴輪と呼ばれるもので、埴輪のなかでは一番数が多いものです。

 

 

 

人物や動物、家など物をかたどったものは
形象埴輪(けいしょうはにわ)と呼ばれます。
出土した古墳はさらに少なくなります。

 

 

さらに人物や動物埴輪がここまで復元できたのは、県内では百足塚古墳だけです。
※西都原古墳群では舟や家の埴輪はありますが、人物や動物はありません。

このような埴輪が百足塚古墳では60個体も見つかっています。
これだけの数と豊富な種類の形象埴輪は、西日本では有数の規模をほこります。

これらの埴輪群がどのような意味をもって作られ、並べられたのか?
8月19日(土)に宮崎県古墳講座が新富町文化会館で開催されます。
そこで大阪大谷大学犬木努教授の、百足塚古墳出土埴輪を題材とした講義が行われます。
定員200名で、誰でも参加できます。

申込は新富町教育委員会生涯学習課(TEL 0983-33-1022)
で受付していますので、興味のある方はぜひ来てください。

※「用語解説」内のリンクについてのご質問やご要望は、ウェブリオまでお問い合わせ下さい。